FC2ブログ
『タヌキ補充』

何もない土日って、いつ以来だろう?

しかも天気がいい!

でもバイクに乗って出かけるには寒い(^_^;)

ま、今までは、これといった予定がなくても家でチビタをワシワシしてたら時間が過ぎていたので、時間をもて余すことはなかったんですよね。

…我ながら、タヌロスだな。これは。

ってことで、タヌキを補充しに行ってきました。

やって来ました、京都市動物園。

動物園の入口っぽくない入口。

ゾウやキリンなどの大型動物から、ライオンなどの肉食獣、鳥もまんべんなく、さらにはウサギふれあいなど、一見フツーの動物園。

一般的じゃないところは、野生鳥獣の保護施設も併設されていて、自然に帰れなくなった動物も展示の一部になってることと、意外と身近な野性動物が展示されていることかな。

自然に帰れなくなったカワセミとコノハズクの檻の前でファミリーの会話

母「カワセミって、セミ?」

父「鳥やで。そこにおったやろ?」

母「動物園に何で虫がいるんかと思った、あ、あの木にとまってるやつやな?」

私「(心の声)それはコノハズクや。看板読めよ」

もうちょっと勉強しましょうね、お母さん。

そんな中、意外と身近にいる野性動物として展示してあったのが、キツネとタヌキでした。

寝ているキツネ

萌( ´∀`)

寝ているタヌキその1

萌( ´∀`)

寝ているタヌキその2

萌( ´∀`)

そうそう、この毛並み。懐かしいですね。

土の上に丸まってるので、見つけられない人もいました。

あんなに目立つのに(笑)

横浜出身

11歳らしい。

ミナト君の方が顔が白いみたいだけど、どっちがどっちだか、見えないな…

ケガしてるので、エリアを分けられてるようです。

一緒に寝られたら温かいのにね。

動く気配がないので、他のところも廻りまして、

フェネックのマッチ

やっぱり、こういうのを見に来てしまいますね。

名前の由来にワロタ。

名付け親、歳いくつ?

ティモンもいますよ

暖房ボード入れてもらってます。

一周見てみたけど、活発に動いてるのは、レッサーパンダだけでした。

寒いもんね~

タヌキエリアに戻ってみましたら

起きてる!

顔あげて、様子を見たら、また丸まりました。

タヌ相はチュウタ似ですね(^^)

タヌ顔が拝めた上に、ヒューンと鳴いてくれました。

タヌキの鳴き声なんて、誰も知らないので、周りの人は誰も気づかなかったですけどね。

しかし、物足りない。

やっぱり、タヌキはモフモフしてナンボ。

満充タヌにはならないな(^_^;)

スポンサーサイト



【2020/02/10 18:58】 その他動物 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<玄武公開中 | ホーム | ディープ石切>>
comments
please comment














管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://yosshisgarden.blog62.fc2.com/tb.php/4497-aa39922d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

たぬ

script*KT*

月別アーカイブ