FC2ブログ
『ジブリ映画に登場』
ジブリ映画で、平成たぬき合戦ぽんぽこってのがあるのは皆さんご存じだと思います。
観たことない方のためにあらすじをざっくり言うと、多摩丘陵の開発によって、元々山に住んでたタヌキたちの住むところがなくなってきたので、みんなでどうしようか考えて、開発を阻止しようとする話です。
物語の中で多摩のタヌキたちが阿波の国の長老タヌキに助けを求める、というシーンがあります。
そこに出てくるのが、阿波の国の金長タヌキ。金長大明神という神社に住んでいます。
実際には小松島市にあるそうです。
徳島県民のY兄が写真撮ってきてくれました。

ジブリ&タヌキファンとしては、一度は聖地巡礼に行きたいと思っていたところ、こんなニュースが舞い込んできました。

徳島新聞よりコピペ。
ジブリ映画にも登場 金長大明神記念碑に
 徳島県小松島市中田町脇谷の市営グラウンドを含む日峯大神子広域公園(脇谷地区)整備事業で、同公園の施設整備方針を協議する有識者会議が23日、同市役所で始まった。公園の敷地内にあり存続の危機に直面していた市のシンボル・金長大明神(通称・金長神社)について市は、モニュメントとして残す案などを示した。
 市文化財保護審議委員や大学教授、住民代表ら委員11人が出席し、市の担当者が金長大明神の在り方について説明した。
 一例として公園内で再構築する場合、市による金長だぬき伝説をモチーフにしたモニュメントの設置や、新設する管理棟内に記念館を設けるなど、宗教色をなくした整備が考えられるとした。今の形を維持するため公園外に神社を移設する場合は、政教分離に反するため「市が手を出すことはできない」とした。
 委員からは「金長だぬきは日本タヌキ文化の重要な地位を占めている。全国から危惧の声が寄せられており、守るのは地元の責務だ」「市民の意見を聞いてから判断してはどうか」などの意見が出た。
 公園の整備計画も提示された。ステージや遊具がある芝生広場▽管理棟などを備えた高台広場▽硬式野球規格に適合した野球場がある多目的運動広場▽乗用車64台を収容できる駐車場―など7エリアで構成し、敷地内にあるさまざまな記念碑は運動広場の北側に移設するとした。
 3月末までにあと2回開き、整備方針を定める。
 金長大明神をめぐっては、昨年末に市民有志が保存を求める団体を設立し、インターネットで情報発信を始めた。月1回の清掃奉仕や特製絵馬のプレゼントなどを通じて危機を訴え、県内外に賛同の輪が広がりつつある。

…とまぁ、こんな感じで、なくなるかもしれないらしい。

神社の処遇については外部の者がとやかく言うものではないと思っていますので、ここでは置いといて。

「守る会」さんが手作り絵馬を配布していると聞きましたので、もらってきてもらいまして
柄は色々

肉筆で長寿祈願


そして奉納(してもらいました)


今回は行けなかったので、代理の参拝でしたが、なくなる前にはチビさんも自分でマンマンチャンしにいかないとね。
ヒト年齢で100歳が目標です。
スポンサーサイト
【2018/03/17 22:44】 チュウタチビタ | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<モーターサイクルショーにて | ホーム | 11年分の愛着>>
comments
please comment














管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://yosshisgarden.blog62.fc2.com/tb.php/4230-9bcacf1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

たぬ

script*KT*

月別アーカイブ