『そうだ、京都へ行こう。(清水寺編)』
想像したほど観光客はいないのでちょっとガッカリしながら、茶わん坂を上ると見えてきましたよ。
まずは仁王門がお出迎え。
P1060764.jpg

仁王門をくぐると、ちょっと色目の違う門がもう一つ。
西門です。
P1060768.jpg

そのすぐ近くには三重の塔。
P1060766.jpg

これらは何度か戦火で焼失した後に建て直したものだそうです。

部分的に工事中で、ココはドコ状態で順路と書いてある方に進み、いつの間にか拝観料を払いまして
清水の舞台と言われている本堂に到着。
マンマンチャンしまして、せり出した舞台から下を覗いてみました。
P1060772.jpg落ちたら死ぬかなぁ
「清水の舞台から飛び降りる」と言いますけどね。
200人ほどが飛び降りて85%(っていうと170人)が助かったそうです。
反対に30人は死んでるってことですかね(汗)

もうちょっと歩きまして
P1060774.jpgどっかで見た景色
よくあるパンフレットとかの写真と同じアングルです。
紅葉の季節とか桜の季節とか雪の季節とか、なんか飾りがないと寂しいですなぁ。

左奥にあるのが、音羽の滝。
P1060773.jpg
「清水」の名のごとく、名水がわき出ているところで、霊水としてみなさん求めに行くわけですが・・・
ものすごい行列ができてまして、そこに並んでまで・・・と残念ながら素通り(笑)

本堂の基礎柱を下から。
縦柱は全部同じ太さの1本の木に見えますねぇ。
P1060777.jpg

順路に沿ってたら、いつの間にか外に出てまして(笑)
産寧坂(さんねんざか)方面のおみやげストリートにたどり着いてました。
こちら、京都の有名なお漬け物やさんにあった、シソソフト。
一口目はおいしかった。
P1060778.jpg
ちなみに、楽しみにしていた外国人観光客は、こちら側にわんさかいました。
着物体験サービスとかもあちこちにあって、着物着て歩いている人が多かったです。
着物はトイレも大変だし、草履はいて歩くのも足が疲れて大変なのに・・・。
明日は靴擦れで歩けないだろうな。ウシシ
売ってるおみやげの写真を撮って、お店のおばちゃんにえらい怒られてた方もいらっしゃいました(笑)
「もー、撮ったらダメって書いてるのになんでわからへんのやろ」って、めっちゃニホンゴで言ってました。

つづく。
スポンサーサイト
【2016/03/02 02:05】 おでかけ | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<そうだ、京都へ行こう(金閣寺~龍安寺編) | ホーム | ギリギリでうるう年>>
comments
please comment














管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://yosshisgarden.blog62.fc2.com/tb.php/3926-44d2174a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

たぬ

script*KT*

月別アーカイブ