『遠く離れたマン島にて』
記事にすることでもないか、と思いつつも、あれこれ聞かれるんで一応書いときます。


世界最古の公道レースと言われているマン島TTレース。
P1000672_20130528233940.jpgマン島の玄関口ダグラス

フリープラクティス兼予選でクラッシュし、日本人ライダーが亡くなりました。
ご冥福をお祈りするとともに、彼のチャレンジに敬意を表します。




わりと有名な方だったんで、公式HPにも載ってます。
2007年にマン島に行った際、松下さんが私の泊まっていた宿に来てくれたらしいんですが、私が不在だったんで会えなかったんです。
で、岡山でやっとお会いできて挨拶を交わしました。
特に連絡先を直接知っている訳でもないし、関東の方なのでしょっちゅう顔を合わせることもないので、2006年に同じマン島TTレースで亡くなった前田淳よりも関係としては遠いですね。


ヤフーのトップページに出たときに、職場の人に「こんなんでてるよ~」って血相かいて言われたんですが、たいしてビックリもしなかったので、逆にビックリされました。
たしかに、ライダーが一人亡くなったってことは「訃報」であり、笑える話でもないんですが、マン島TTっていうレースは転んだらエスケープゾーンはないし、壁なので「転倒」=「死」なのです。
「あぁ、ころんじゃったんだな」っていう感じでした。


元々お山の大将を決めるためのレースだったのが、進化して今の形になりました。
もっと安全に走らせるやり方はいくらでもあると思うんですが、昔ながらの方法、道具を使ってレース運営しています。
P1000904.jpg

コース上に白線もマンホールも踏切も橋もあって、とにかく危ないんです。
マン島TTは「レース」ではなく「歴史」だなと、実際に観た一人としては思っています。
そういう歴史に飛び込みたい人が走るものなんですよね。
松下さんもその「歴史」に魅せられた一人なんだと思います。
だけど、生きて帰ってきてほしかったな。
P1000878.jpg
TTで亡くなったライダーの碑。
メインスタンドの前にあります。
来年はここに松下さんのプレートも並びます。



2007年に行った時の記事はこの辺にあります
2007年5月
2007年6月
きかんしゃトーマスのモデルになった機関車が走ってます。
P1000974.jpg
スポンサーサイト
【2013/05/28 23:43】 その他車・バイク | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<梅雨入りしましたね | ホーム | スクール終了。あつかった!>>
comments
please comment














管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://yosshisgarden.blog62.fc2.com/tb.php/3047-a74a0e26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

たぬ

script*KT*

月別アーカイブ