『ライディングスクール開催しました』
晴れてくれるのは嬉しいけど、こんなに暑くならんでも。
誰一人、熱中症で倒れることなく終われて良かったです。


今日満員御礼20台!
P1030147.jpgズラー

ワタクシ、今日はサブなので、
説明してるトコを写真撮ってみたり
P1030148.jpg今日の課題はリアブレーキで云々



皆さんが走ってるトコ写真撮ってみたり
P1030149.jpg
一応、乗って見本見せたりもして、お仕事してきました。
私が乗ることで、「自分もできるかも」って思ってもらえたらいいな、と思ってます。



みなさん、お疲れ様でした!
P1030151.jpg

スポンサーサイト
【2014/06/29 21:34】 スクール | トラックバック(0) | コメント(0) |
『役者な実家犬』
用事があり、ちょいと実家に寄ったんですが
犬が熱烈歓迎ベロベロベロベロ・・・・20kgの体重でのしかかってきます。


遊べとうるさいので、そこらへんにあったクッションで遊ぶ。
DSC_0082.jpgポンデワンコ
嬉しそうにしてますが、実はだんだん邪魔になってきて、取ってくれと訴えてました。


妹の誕生日が近いので(というか過ぎたけど)ケーキ祭り。
ダイエットしてると言い張る妹にもノルマを課す。
一番嬉しそうにしている犬(笑)
DSC_0084.jpg
あなたの分はないですよ。
自分ももらえる物と思って、よだれタラタラしてました。


最後にお見送り。
DSC_0085.jpg
また行くわ~。
写真写りを理解してポーズしたり、なかなか空気の読める実家犬でした。
【2014/06/28 23:14】 イヌ | トラックバック(0) | コメント(0) |
『また雨(´Д`)』

早起きして岡山に向かいましたが、さきに着いたかっぱ師匠から写メが(°Д°)
すでに降っていて乾く気配なし!?
ということで、神戸でUターン。
また走れなかった(T^T)
もう、2ヶ月乗ってないんでシーズンインの感覚忘れました。
大丈夫か、アタシ(;´д`)


仕方ないので、整骨院なう。
【2014/06/28 11:40】 サーキット | トラックバック(0) | コメント(2) |
『気にならんらしい』

タヌのおみやげにバッタ採ってきました(°Д°)
喜んで食べてくれたけど、最後の1匹に逃げられて、探してます。
耳に留まってるのに、全然気付いてないらしい。
キョロキョロうろうろ、面白かったΨ( ̄∇ ̄)Ψ
【2014/06/28 00:02】 チュウタチビタ | トラックバック(0) | コメント(8) |
『ガレージは宝箱』

大したネタもないので、自宅ガレージのご紹介。
ガレージって言うと、男の秘密基地っぽいイメージですが、まんざらでもなくて、宝箱みたいな感じになってます。
20年もバイクに乗ってると、20年分の思い出がたまってきます。
しまいこんでいても仕方ないから、飾れるものはガレージに飾っています。
ある意味、RVFも動くオブジェやし( ´∀`)


写真はスクール仲間からもらったRTKトレーナーと帽子。
師匠が主宰していたチームで、女性だけのRTKレディースってのがあったらしい。
昔はツナギの上からトレーナーを着るのが流行っていたらしく、丈短め、幅広めと変な形のトレーナーなんで、普段着にできませんでした。


宝物は他にもあるんですが、いまだにたくさんの写真の貼り方がわからないのでまた追々。

【2014/06/27 01:45】 その他車・バイク | トラックバック(0) | コメント(0) |
『トウモロコシ~♪』

バリ料理なるものをごちそうになりました。
店員さんもみんなインドネシア人。
頼んだものがなかなか出てこなかったから、忘れてない?って聞いたら「今、鳥小屋行ってます~( ´∀`)」
だって。
ニホンゴ、お上手で。
英語でいいからそれくらい話せるようになりたいねって話になりました。


トウモロコシ~は「ありがとう」だそうです(^^)

【2014/06/25 22:41】 うまいもん | トラックバック(0) | コメント(0) |
『スマホアプリ』
あいかわらず、苦戦してます。
設定とか、ぜんぜん進んでません。

アドレス帳のグループ分け・・・一人一人設定し直さないとダメなのね?
アルバムのフォルダ分け・・・パソコン上で作ってSDカードから変えるしか方法なし?
音楽・・・パソコンから転送できないの?
アプリ・・・同じ機能を持つアプリはどれとどれで、それぞれどう違うの?


さっぱりわからないのと、わかってもめんどくさいのと(-_-;)


問題なく使えそうなのはゲームくらいです。
ホントは岡山へ練習に行きたかったけど、天気予報を見てやめたので、ヒマに任せてゲームアプリの有名どころをダウンロードしまして、それぞれやってみました。


○パズドラ
バラバラになっているパズルを並べ替えて、3つ以上つなげたら、つなげた色によって、モンスターを攻撃できるというゲーム。
パズルが入れ替わる法則がつかめないのと、モンスターの特性によって攻撃にききめがあったりなかったり、モンスターを合成したり、と、もともとゲーム慣れしていない私にとってはちょっと複雑すぎて、わかりにくい。
数回やってやめました。


○キャンディクラッシュ
バラバラに配置されてる色んな色のキャンディを入れ替えて、3つ以上並べて消していくゲーム。
これは単純明解。
通勤中の電車の中でも大丈夫ですので、わりと続いてますが、あまりにも果てが見えなさすぎて飽きてきました。
現在、レベル112,ドリームワールド63。
チョコレートうっとおしすぎ(>_<)


○ディズニーツムツム
もともとは俵形のぬいぐるみのツムツムがベースになっているようですね。
ゴロゴロと上から落ちてくるツムツムを3つ以上つなげて消していくゲーム。
単純明解でいいんだけど、爪が長いせいか、的がちゃんと定まりません。
消したいところがちゃんとつなげられないので、ゆっくり慎重になってしまうんです。
それでも失敗するし・・・
時間に追われるゲームは合わないな。
今、185766が最高点だけど、友達は70万点とか。
どうやったらそんな点数になるのか、想像もつきません。


○LINE POP
ルールはキャンディクラッシュと似てるけど、消す物がLINEのキャラクター。
これも時間に追われるので合わないな。
キャンディクラッシュのように、1手1手考えるのではなく、必死でタップしまくって、たくさん消えたらラッキーってくらい。
現在1142890点。
すでにみんな飽きた後なのか、周りの情報がわかりません。


結局、適当に体験したら、やらなくなりそうです。

【2014/06/23 01:20】 つれづれ | トラックバック(0) | コメント(2) |
『タヌキ画届いたよ』
東京の一誠さんが、現代日墨展に出すための水墨画として、ウチのタヌをモデルに描いてくださいました。
準大賞おめでとうございます(^_^)v
0004005_3M.jpg
残念ながら、東京まで見に行くことはできなかったので、セタぬきさんが買い占めて(チャリティ?)送ってくださいました。
ありがとうございます!


なかなか受け取れなくて・・・病院の帰りにチュウタと郵便局まで。
P1030094.jpg行ってきたで


オープン~♪
P1030113.jpgおおお、そっくり。

モデルの写真はこれですね。
140101_1537~01animal-0026.jpg


タヌさんに感想を聞きました
P1030115.jpgアタチはもっと若く描いてくれないと
P1030100.jpgええんちゃう?


チビさん、偽妊娠始まりました。
子タヌのミルク、あげられますよ(笑)
P1030112.jpg



【2014/06/21 23:11】 その他動物 | トラックバック(0) | コメント(3) |
『私信toタヌ飼い仲間さんへ』
一部のかたはご存じですが、ちょいと事件が起こってます。
ただいま空中戦を展開中。

事の発端は私がとあるブログを見つけたこと。
そう、某、子タヌちゃんです。
なんで、こんなブログがひっかかるんかいな~?と謎に思っていたら、なんとそのブログ、一日に2000ほども閲覧があるではないですか。
ウチの100倍(汗)


さらに、ツイッターでリアルタイム更新が判明。
さらにさらに、それがライブドアのニュースにまでなり、リツイートは5000ごえ。現在も増殖中。
基本的にタヌは鳥獣保護法により、飼えません。捕まえるのも違反です。
それを知っているのに堂々と、ブログやツイッターで全世界へ発信するとは、神経を疑います。
せっかくアドバイスした掲示板住人への迷惑を考えて欲しいですよね。


しかも将来里親探しをしようと考えていることも判明。
タヌキ飼いたい人はたくさんいると思いますので、それを見て、可愛いからと飼ってみて、ちょっと大きくなって手に負えなくなって捨てられたり・・・ということがないことを祈りたいです。
タヌキが欲しくて誘拐が増えないことも祈りたいです。
手軽に飼える、ちょっと変わった動物、ではないのです。


ということで、そのブログとツイッターを消すようにお願いしました。
それが落ち着くまで、書き込みはしばらく自粛した方が良さげです。
【2014/06/20 01:13】 チュウタチビタ | トラックバック(0) | コメント(6) |
『たまにはオイル交換』
今シーズン入ってから、タイム出せず、調子の悪い状態でおわったまま、6月はまだ乗れず・・・
こういうときは乗りまくりたいんだけど。
焦る気持ちとあきらめと、モンモンとしながらガレージでバイク眺めていたら、そういえば前回練習走行でギア抜けしてたなぁ、とのかすかな記憶がよみがえりまして。
悪いイメージを払拭するべく、オイル交換でもしとこうか。
ということで

P1030052.jpgジョロジョロジョロ・・・


最終的にはオイルパックンのようなもので処分しますが、オイルの汚れ具合や異物(鉄粉)の出具合を見たいので、とりあえずはトレーに受けます。
P1030053.jpg
ありゃりゃ。真っ黒。
トレーが黒いから黒く見えるのではなく、オイルそのものが真っ黒になってました。
ノーメンテ過ぎ(汗)。いかんですね~。
あ、街乗りだとオイル交換って普通は3000キロとか5000キロなんですが、レース車両はその1/10くらいかな。
私はオイルがへたったと体感したら替えます。


ほんとはこんな色でした。
P1030054.jpg



マシンの準備はOK。早く走りに行きたい・・・


おまけ。
P1030051.jpg
中古片持ちスタンドもらいました。
シャフト入れ替えれば、RVFちゃんに使えます。
片持ちスタンドって、バイクからシャフトを抜くときにいつもむこうずねを打ちそうになるんですが・・・私だけ?


【2014/06/18 23:04】 サーキット | トラックバック(0) | コメント(0) |
『おやつください』

毎週毎週点滴と注射で、チュウタもだんだん嫌になってる模様。
なので、終わった後に、おやつをあげるようにしてみたら…


終わらなくても、こういうシチュエーションになったら訴えてくるようになってしまいました(´Д`)
だから、終わってからだってば。


血液検査、尿検査の結果は、現状維持です。
【2014/06/17 18:43】 チュウタチビタ | トラックバック(0) | コメント(2) |
『裁判所に行ってました(その7)』
そろそろ読むのも飽きてきた頃でしょうね。
この回で完結できるかな。


評議の時間として取ってあった時間は2日と半日。
正直、そんな時間で決められるんだろうか、と思っていたけど、意外とすんなり決まったので、最終日は判決の時間までお休みとなりました(本職行きましたけど)


最終日の集合時間は判決の1時間前。
裁判官が作った判決文を「こんなん作ったよ」という感じで見せてくれました。
量刑を決めるにあたっては、色々な議論があり、ホントにこれで良いのか?というモヤモヤが残っていたのですが、判決文にはそのモヤモヤを払拭できるような書き方になっていて、グッと心に響いた判決文でした。
「これで良いですか?」って言われてもね(汗)


この他、判決を読み上げた後に裁判長から被告人に言葉をかける場合があります。
あってもなくても良いんですが、裁判員から言いたいことがあったら、言いますよ、ということでしたので、皆さん一言言われていて、それを裁判長が短時間でまとめていました。


さて、そうこうしているうちに時間になりました。
最後のお仕事は法廷での判決。
この日はテレビカメラが入るとのことで、裁判官3人だけが先に入り、テレビ撮影(2分じっとしてるらしい)をして、一旦評議室に戻ってきます。
「ほぼ満席でしたよ~」「まじすか」
裁判員は映らないように配慮されています。


はい。私は補充裁判員。
この時点で、裁判員が全員揃っていれば、補充裁判員の仕事はもうありません。
判決の時は、補充裁判員席には行けません。
補充裁判員は検事さんの後ろに席を設けてもらい、そこに座ります。
入るタイミングは、弁護人、検事はスタンバイOK、テレビ撮影が終わり、被告人入廷の前です。
裁判所職員に連れられ、傍聴席側から入ります。
しばらく待っていると、被告人が入廷。この時点では手錠、腰縄付きです。
頭を丸めてきてました。


法廷内でスタンバってる書記官が裁判長に連絡すると、解錠指示があり、その時点で手錠腰縄がはずされます。
ほどなくしてゾロゾロと裁判官、裁判員入廷。
先ほど見せてもらった判決文を裁判長が読み上げます。
あれって、いきなり量刑をズバッと言ってしまってから、「被告人は○○にも関わらずナニナニをしたことから、情状酌量の余地はなく・・」とか言うんですねぇ。
全部読み終わった後に、裁判長から被告人へのメッセージが伝えられます。
傍聴席で被告人のお父さんが泣いてました。


今回の事件、「無期懲役」となりました。
「無期」といってもどうせ20年くらいで出てくるんじゃないの?って思ってますよね。
だから、出てこれないように「死刑」にしろ、とみんな考えるんだと思います。
その真相は・・・ほとんど満期まで壁の向こうにいるんだそうですよ。
たまに早く出られる人もいるけど、それでも9割くらいは満了していないとダメなんだそうです。
少なくとも、有期刑の最長が30年ですから、無期懲役の場合は30年よりも早まることはありません。


おみやげ。
DSC_0054.jpg
裁判長直筆サイン入り感謝状、裁判員バッジ(シリアルナンバー付き)、個人情報を消した判決文一式、日当と交通費(後日振り込み)をもらいました。
裁判の間に書き取ったノートや資料は持ち帰り禁止ですので、全部置いて帰りました。
あ、日当気になります?
働いた時間によってバラバラで内訳がわからないのですが、最大1万円/日です。
半日だけの日もあったので、少ないときは5000円弱/日くらい。
交通費は私の場合は近かったので300円くらい。
公共交通機関を使うなら、どう頑張っても1日300円では行けないんだけど。
選任手続きの日も入れて、10日間の合計は87450円でした。


タヌキの病院代でパーですわ。
やけど、職場に迷惑かけたし、ちょっとくらい還元しないといけないかなぁ(汗)
今後、当たるかもしれないので、これを読んでいる皆さんに一言。
候補者になったら、できるだけやりくりして、参加した方がいいです。
仕事無理して出ただけの、貴重な経験が得られると思います。



長々と連載にお付き合いいただきありがとうございました。
【2014/06/15 12:46】 おでかけ | トラックバック(0) | コメント(2) |
『裁判所に行ってました(その6)』
めずらしく字ばっかりで長期連載となった裁判員備忘録。
いよいよ大詰めとなりました。


先にも書いたように
・被告人が有罪か無罪か
・量刑をどうするか


というところに入ります。
これらは、評議室という、法廷とは違う部屋で裁判官と裁判員と補充裁判員で行います。
この評議の中身だけが守秘義務に当たる部分ですので、個人的に聞かれても言えないんですが、
量刑のデータベースを見ながら、今回の事件がどの程度の重さとするかをみんなで話し合います。
もともと意見が分かれていても、誰かの意見になるほど!と思って意見を変える人もいます。


もし、意見が分かれたままの場合は、多数決(評決)に入ります。
この時だけは補充裁判員は他人事になります(笑)
裁判官3人と裁判員6人で計9人の多数決ですが、そのままの多数決ではない所がミソ。


有罪か無罪か、については多数な方に裁判官が必ず一人入らないといけません。
裁判員だけでは被告人が不利になる結論が出せない、ということです。
例えば、裁判員5人が有罪、裁判官3人+裁判員1人と言ったとしたら、無罪になります。
裁判員と裁判官は同等の重みとされているのに、ちょっとどうかしらね。


さらに、量刑を決める多数決は
順番に並べて上から5番目をとり、それより上に裁判官が入らないといけない、となってます。
つまり、9人の意見が
死刑→死刑→無期→無期→30年→30年→25年→25年→20年

だったとしたら、5番目は懲役30年となりますが、死刑~30年の間に裁判官が必ず一人は入らないといけないということです。
入らなかった場合は6番目の25年を採用します。
こちらも、裁判官と裁判員の意見の重みはどうなんだろうか、と疑問に思わなくもないですね。
裁判官は素人の裁判員に比べて、当然色んな事件を経験していますから、「この程度なら・・・」と軽く思うような事件でも、初めて裁判なるものに関わる裁判員にとってはそれが全てですから、量刑は重たく考えてしまう気がします。
悪いコトするやつはなんでも「死刑じゃー」と言いたくなりますからね。
ただ、裏を返せば、裁判員裁判で本当に死刑になっている事件では、裁判官のうちの少なくとも一人は死刑の意見だった、ということになりますから、あながち素人考えだけではないということにもなります。



・・・もう少しつづく
【2014/06/13 22:09】 おでかけ | トラックバック(0) | コメント(2) |
『裁判所に行ってました(その5)』
私が参加した事件は、一人の被告人がたくさんの罪を重ねていたため、全ての証拠や供述などを聞き取るだけで、6日間かかりました。
通常、裁判員裁判は3~5日くらいなんですが、今回は全部で9日間かかってます。
たまたま連続9日間でしたが、例えば、証人に来てもらうような事件の場合は、日にちが空くこともあります。
余談ですが、今、公判中のオウム事件なんかは週に2,3日というのが2ヶ月ほどの間で行われているようです。



さて、証拠について。
私達が初めて聞く話なのは当然なんですが、裁判官も私達と同じタイミングで、法廷で初めて証拠書類を見ています。
先に見てしまうと先入観が入ってしまうから見てはいけないんだとか。
亡くなった方もいる事件なので、遺族の方が涙しながらの証言などもありましたし、亡くなった状況の説明もありました。
本当は写真なのですが、様子がわかる程度のイラストになっていました。
この裁判の事件の場合は「様子がわかる程度」で良かったかもしれませんが、本当に被告人が犯人かどうか?という裁判だったら遺体の写真を見ないといけないかもしれません。
裁判所としても最低限の負担になるようにしているようですが、避けて通れない場合があるのは確かだと思います。


なにがしんどかったって、検察側から示される「供述調書」というのがありまして、要するに被害者や目撃者がどんな状況だったかを文章にしたものです。
例えば、「その日の朝、私はいつも通り7時に起きて朝食のパンを食べ・・・」と事件が起こる前までにしていたことから、事件が起こった時の様子などをつれづれと読み上げられます。
たまたまかもしれませんが、この事件の担当の検察官は声が小さくて、ボソボソと話す人でした。
だけど何だか感情がこもってるというか、国語の先生のように読み上げるんです(笑)
同じ事件で複数被害者がいたら、事件が起こった時の状況は全く同じになってしまうし、同じ被害者が犯人が捕まるまえに書いた処罰感情の調書と裁判に備えて書いた処罰感情の調書とが、両方出てくる場合だと前半も同じになります。
もう、眠いのなんの。
お隣に座っていた補充裁判員は耐えられなくなり船をこいでいたので、机を蹴って起こしてました。


一番興味深かったのは、被告人への質問です。
最初に弁護人から、その後検察官から、最後に裁判官・裁判員から、被告人にたいして質問します。
「この時なぜ、このようなことをしたのか」
「あなたが見た現場の状況はどうだったか」
「人がいることを知っていたか」
などなど。


確認しなければならないのは、起訴状に間違いがないかどうかなんですが、もっと言うと
・被告人が本当に犯人で間違いないか(有罪か無罪か)
・情状酌量の余地はあるか(量刑は?)

と言うところが今回の事件の争点となりました。
先に書いたように、裁判官と裁判員は初めて見聞きすることなんですが、弁護人や検察官は取り調べなどですでに聞いて知っていることを確認するという意味で、聞いていきます。
被告人はとても正直に、淡々と質問に答えていました。
検察官の質問に対しても、同じように答えていたのですが、どうも取り調べの時と違うことを言った模様(笑)
検察官、台本と違う!って感じで焦りまくり。
「取り調べのときにはそんなこと言ってませんでしたよね?」とか聞いてるし。
私たちは中立の立場で聞いているので、その焦り具合が面白くて仕方ない。


よく、ドラマとかで弁護人と検察官で言い合いになるようなことがありますが、もし、今回の裁判がそういうシチュエーションだったとしたら、弁護人の勝ちだったでしょう。
検察官よりも弁護人のほうが一枚上手でした。
私と同じ歳くらいに見えたけど、やっぱり賢いんだろうなぁ。


・・・つづく
【2014/06/11 22:45】 おでかけ | トラックバック(0) | コメント(0) |
『裁判所に行ってました(その4)』
翌日は9時半にこの評議室に集合。
30分ほど、簡単にこれからどんなことをするのか、どんな事件なのか、起訴状を元に説明があっただけで、いきなり法廷でのお仕事が始まります。


裁判官に連れられて、順番に並んでゾロゾロと入廷します。
houtei.jpg裁判所HPより

裁判員裁判用の法廷が大阪地裁には14個あるそうです。
ですので、最大14の裁判は同時並行できるということです。(そんなにあったら大変ですが)


裁判員裁判はそれなりに重たい事件ですので、社会的に関心を持たれる事件が多いです。
初日は特に、マスコミなどが多くて、この事件も「○○事件、初公判」という記事がネット上も、新聞紙面にも出ていました。
よくある法廷での様子を書いたイラスト、あれ、ちゃんと傍聴席で描いてる人がいるんです。
カメラなどを持ち込むのは禁止なので、「法廷画家」なる職業が存在し、裁判官曰く「常連さん」なんだそうです。
しかも、画家さんは傍聴席から見ているのに、裁判員の席から被告人を見たような角度の絵になっていて、翌日みんなで「見た?すごい似てたよね」って話になりました。


私は補充裁判員なので、前列には座らず、後ろの補充裁判員席に座ります。
検察官からの冒頭陳述に始まり、証拠調べ、被告人質問と続きます。
冒頭陳述や証拠一覧なども、ド素人の裁判員が見ることを前提に作られているので、だいたいはわかるようになっています。
わからないことは質問して良いのですが、最初はなにがキーになるのかがわからないので、質問はしにくいですよね。
なので、評議室に戻ってから、担当の裁判官に聞いたりして理解を深めます。
キーになりそうなことでわかりにくそうなことは、裁判長が聞いてくれていました。
帰りは入ったときと反対の順番でまたゾロゾロと出ます。
長くても1時間に1回くらい休廷されるので、いつも2時間くらいの会議に出ている私としては「もう休憩!?」という感覚です。
でも、普段じっと座って話を聞きながらメモを取るとか、そのようなことに慣れていない人はかなりしんどそうでした。
「帰ったらバタンキューやわ~」なんて話もされていました。


・・・つづく
【2014/06/10 20:31】 おでかけ | トラックバック(0) | コメント(0) |
『裁判所に行ってました(その3)』
話を元に戻しまして・・・当たらなかった人は法廷見学などをさせてもらったり、法服を着て写真を撮ったりしていたようですが、私達8人は別室に隔離(!)され、受付番号とは違う番号札を渡されます。
ここで正式に裁判員(補充裁判員)として任命されたと言うことになります。
簡単なオリエンテーションを受けた後、これから毎日使う評議室に移動して、裁判員の心得や裁判の約束事などの説明がありました。
裁判官、裁判員の自己紹介なども、このとき少し。
プライバシーにかかることは、あえて聞かないし、知らない方が良いんで、差し支えのない範囲での自己紹介になりますが、社会的に色んな立場の方、職業の方が来られているな、という印象です。
抽選ですのでたまたまですが、男女比も年齢層もわりとばらけていたんじゃないかと思います。

さて、補充裁判員と裁判員はどう違うのか。
補充裁判員は裁判員ではありません。
あくまでも裁判員は6人。しかし欠けると裁判ができなくなります。
裁判期間中になんらかのやむを得ない理由が生じて、裁判員が来られなくなった場合に補充されるのが補充裁判員、と言うことになります。
何をするか、って裁判員と同じことをさせてもらえます。
評議にも参加しますし、法廷にも出ます。
ただ、被告人や証人に直接質問することができないので、裁判長を通じて質問します。
ま、だいたい素人の思いつくことは裁判官や裁判長が質問してくれますので、出番はありませんでした。
最後の被告人質問の時だけ、裁判員の方々はいくつか質問されていました。
もし、評議中に多数決になったときは、補充裁判員は数には入りません。
裁判員6人と裁判官3人だけで行います。
つまり言うだけ言うて、あとは任せた!と見ていれば良いんです。


評議室というのは円卓があるほか、裁判員用の鍵のかかるロッカー、お茶、お菓子は自由に食べたり飲んだりできるようになっていました。
hyougi.jpg裁判所HPより


休廷時間はここに戻り、ちょっとしたおやつをつまんだり、お茶を飲んだりしながら法廷で行われる次の内容について、ざっくばらんに話したりします。
円卓は9席あるので、裁判官3人が裁判員2人ずつを挟むようにばらけて座り、意見を聞きやすくしているな、という配慮がありました。
補充裁判員は円卓ではなく、別の机で2人並んで座って、みんなの話を聞きます。
話の輪に入れるように、裁判官が少しずれて座ってくれたりしていました。


・・・つづく
【2014/06/09 21:48】 おでかけ | トラックバック(0) | コメント(0) |
『裁判所へ行ってました(その2)』
指定の日時に、裁判所正面玄関から入ると、「第○控室こちら」とでっかく貼ってあり、迷うことなく集合場所に到着。
部屋に近づいただけで職員の方が丁寧に案内してくれました。
まるで取引先の社長さんを案内するかのようです。
実際、社長さんもいるだろうからそういう対応なのかも。
受付で番号札を受け取り、その日はずっと番号で呼ばれます。
受付順なので自分が何番になるかは行ってみないとわかりません。
私は呼び出し状に書かれた時間ギリギリに行ったらだいぶ後の方でした。

ちなみにその日行われるのはあくまでも「裁判員選任手続き」です。
全部で35人が集まっていまして、その中から裁判員6人、補充裁判員2人を「選任する」手続きです。(呼出状は50人くらいに送ってるらしいです)
この日に集まった段階ではまだ裁判員ではなく「裁判員候補者」と呼ばれ、受付の番号で「○番さん」と呼ばれます。

さっそく、事件の概要説明があり、この時点で被害者、被告人の名前、罪名がわかります。
事件概要を聞いた後、まずすることは調査票への回答。
事件の関係者の関係者でないか、の確認と、裁判の期間、休まずに出てもらわなければならないので、それができるか、辞退の意志のあるなしの確認のためです。
もちろん、お仕事上の理由もあるだろうし、親の介護、身体的な問題(事件が怖いなど)ももちろん理由になります。
認められるかどうかは個別に面談して判断されます。
なので、仕事上休めないって人でも、「選任手続き」に行けば、リストから外されるので
とりあえず初日だけ行って面談で意思表示をすれば良いと思います。
ただし、ただ「忙しい」ではなく、具体的に「いついつ株主総会がありまして」とか「従業員3人で、この仕事は自分が行かないと会社として大きな損失になります」とか言わないとダメみたいです。

35人中15人が個別面談していましたが、私は「問題なし」にチェックしていたので、個別面談はありませんでした。
この15人中、辞退が認められたのは何人かわかりませんが、母数から外れた人が何人かいるのは確かですね。
辞退希望者以外にも、検事さん2人と弁護人2人が理由を告げずに外したい人を数名指名してもいいというルールもあるみたいなので、正常な判断ができなさそうな風体で行ったら外されるかも?

最終的には抽選です。
パソコンの抽選ソフトで抽選されて、決まるようですが、それを公開するとソフト上名前まで出てしまうらしく、番号だけパワポで表示される仕組みになっていました。
裁判員6名の番号が表示されたときに自分の番号がなかったので、ああ、外れたなって思っていたら、補充裁判員2名の番号が表示された中に私の番号がありました。
番号は受付順ですから、あと1分違ったら・・・裁判員でした(汗)
私の次の番号の方は、裁判員に選ばれていました。
この時点で、翌日から休まなければならないことがわかります。
ウチは休みとかに理解があるので、そういう面では気楽だったのですが、当日まで行くか行かないかわからないって言うのがちょっと困る。
泊まりの研修などで抜けるときは絶対抜けるので、事前に準備しなければならないけど、ほとんどの確率で出勤できるんだから、残業してまで準備する気もなく・・・でも突然抜けることになってしまいました。
影響がないと言えばウソになりますし、周りの人に仕事を頼まないといけなくなったり、自分の仕事もしっかり2週間遅れてしまったものもあります。

・・・つづく
【2014/06/08 22:45】 おでかけ | トラックバック(0) | コメント(0) |
『裁判所に行ってました(その1)』
実は、先日2週間ほど、本職を休んでました。
そうです。
裁判員裁判・・・当たってしまったんですよ。
やっとまとめる時間ができたので備忘録も兼ねて書いておきたいと思います。


思い返せば、去年の11月。
分厚い封書が届きました。
差出人は東京千代田区の最高裁判所。
「ほへ?アタシ、なんかやらかしたっけ?」と心当たりを探すもわからない。
開けてみると、裁判員制度Q&Aとか連絡文書もろもろ。
平成26年度(2月~)の裁判員候補者名簿に載りますよってことらしい。


この時点で、なにかお断りする理由があれば、返信文書に書いて送るんですが、私の場合はなんにも該当しなかったので、「なにもなし」で返信しました。
例えば、裁判所関係の人、警察関係の人、弁護士などはなれないし、この時点で70歳以上の人や学生、要介護者がいる・・などの理由があれば辞退は可能です。
「仕事が忙しい」は理由になりませんのであきらめて名簿に載せてもらいましょう。

で、3月末。
2通目の文書が「特別送達」で届きました。
こんどは「呼出状」なる緑色の紙が送られてきたのでした。
この時点では「この事件の裁判員になってもらう選任手続きをするので来てください」です。
職場で、この選任手続きまで行った人は他にいたので、様子を聞いてみると、かなりの人数が呼ばれているらしく、そこから裁判員6人と補充裁判員2人をくじで選ぶんだそうです。
滅多に当たらんで。ってことだったので、のんきに過ごしてました。


・・・つづく
【2014/06/07 22:45】 おでかけ | トラックバック(0) | コメント(0) |
『3日連続飲み会』

明日は岡山へ練習に行きたかったのですが、天気悪そうだし、ツレもいないしで諦めました。
いつも帰る時間帯は豪雨でしたので、積み込みもできなかったかも。


代わりに酒豪の上司に捕まりました(´Д`)
サシは辛い

ウーロン茶で頑張りました。
ゴチになったからまあ、いいか。

【2014/06/06 22:23】 つれづれ | トラックバック(0) | コメント(0) |
『うどんたぬき』
たぬきうどんではなく「うどんたぬき」

先日の四国土産で、ドッグヌードルなるものを買ってきました。
P1030014.jpg
370円もしました。
減塩らしい。


開けてみると、うどん玉と粉のダシ
見かけはうどんですが味のないモチのような感じです。
P1030015.jpg


湯がいて冷やして、ダシは水で溶かして・・・ダシは単なるカツオの粉っぽかった。
見かけはうどんですが、人間の味覚では決して美味しいものではありません。
タヌキ用なので、人間ではあり得ないサツマイモトッピング。
P1030017.jpgこれで半玉


さあ、食べてくれるんかな
P1030018.jpg
最初は2匹とも食べに行きましたが、チビタは気に入らなかったみたい。
チュウタはうどんを外へ出して、ダシだけ飲んでます。おい。

P1030024.jpgアタチはいらん


食べてくれないのかと思ったら、ダシを全部飲んでから、麺を食べ出しました。
しかも、1本ずつ出して、手で押さえて、手を離すと肉球にくっついてきて「イ~~~」(笑)
P1030029.jpg


時間はかかりましたが全部食べてくれました。
めっちゃ好きだったかというと、そうでもなく(-_-;)
残さなかっただけまだマシか・・・


【2014/06/03 21:48】 チュウタチビタ | トラックバック(0) | コメント(0) |
『たぬじょうびおめでとう』
我が家の2タヌ、9歳になりました(^^)/
いつも書いてますが、ほんとに生まれた日はわかりません。
我が家に来た日をたぬじょうびにしています。
チュウタは食事制限しなければなりませんが、美味しい物を食べるのが一番の元気の源だという考え方のもとに、あまり気にせずあげるようにしています。
もとい。
気にはしていますが、天然由来のものは気にせずあげています。


今年のたぬ御膳は
P1030030.jpg
キュウリ、納豆、メロン、サツマイモ、わらびもち(きなこまぶし)
それに、鯛のオカシラ付き。
お祝い事ですからね~。


さすがに鯛はむしってほぐしてお皿に載せてあげて
はいどーぞ。
P1030033.jpg今日は変わったごはんやな
チュウタは納豆から、チビタは鯛からいきました


P1030034.jpgこれいらん


チビタ、残すんじゃなくて何でわざわざ外に出すの??
チュウタが食べてくれました。
P1030039.jpg鯛おいしいのに何で残すん?

わらびもちは人気ないのかな
P1030040.jpg意外といけるで

と思ったら、これもチュウタが食べたらチビタも食べました。
食わず嫌いってとこでしょうか。


美味しい物食べて、このまま体調が良くなってくれたら良いんだけどなぁ。
【2014/06/02 21:28】 チュウタチビタ | トラックバック(0) | コメント(10) |
『のらん』

バイク仲間のたなっちが出演するお芝居を観に行って来ました。
元、男闘呼組の前田耕陽さんの芸能30周年記念公演で30人の男性の役者さんが出演するという、なんともむさ苦しい、でもそれが迫力に変わる舞台でした。
値段のわりにお得な舞台でしたよ。


会場内に入った時、TIME ZONEが流れてたのは笑いましたが。
懐かし過ぎる…しっかり歌えまんがな。


東京公演もあるらしいので、お時間あればぜひ。

【2014/06/01 20:38】 ライブ | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム |

たぬ

script*KT*

月別アーカイブ