『CLOSER TO THE EDGE』

2010年のマン島TTドキュメンタリー映画で、アマゾンとかでドキュメンタリー部門のベストセラーになってるらしいです。
2010年のマン島TTと言えば、我らがIたみさんが走った年だし、ちょっとくらい映ってるかも?
ということで、借りて観てみました。


私の場合、実際に行って生で見ているので、他の人の感想とはちょっと違うかもしれませんね。


ひとつ言えるのは、映像に誇張がないことに驚きました。
だいたいアクション物の映画で、撮影テクニックで迫力を出すことがほとんどだと思いますが、この映画はどのシーンもマン島に行けば実際に目で見られるんですよね。
観ているすぐ横を時速300キロ近くで通過するとことか、家の壁の際ギリギリを通過するとことか、まさに観客目線。
ただ、クラッシュシーンはほとんど見られません。
全長60キロもあるコースですから、観客として観られる範囲は限られてまして、めったに遭遇しないんです。



地名が出てくると「あー、この辺だな」とか、ライダー以外の登場人物の役割とか、背景がどこかってわかるのも行ったことある人ならではかも。


肝心のIたみさんは出てきたかどうかがわからなかった。
誰かわからないけどチームの人の頭と、マシン押さえてるシャク西君が数秒映ってました(笑)
スポンサーサイト
【2013/10/18 19:41】 その他車・バイク | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム |

たぬ

script*KT*

月別アーカイブ