『さて、ドロン。』
今日はPL花火芸術の日です。
花火大会じゃなくて花火芸術。
フィナーレなんかは空が真っ赤に染まるくらいにすごいです。


そのぶん人手も半端じゃないんだけど、私の職場は人混みド真ん中。
交通規制が始まると、車の出入りができなくなります。
日本中のガードマンと大阪中の警察官が集まってるんじゃないかと思うくらい、警備や誘導の数も半端じゃない。


電車も花火ダイヤ。
本数は多いのかもしれないけど、乗り換えの連絡がうまくいきません。
てなわけで、早めにドロン…。
スポンサーサイト
【2012/08/01 17:40】 つれづれ | トラックバック(0) | コメント(0) |
『タイヤ選択』
前回のタイヤ交換でピレリからメッツラーに変えたわけですが・・・
実は2003年?(当時はGSXR)からずっとピレリを履いてまして、なんと9年ぶりにメーカー変更したんです。
私はタイヤに不安要素があると走れない人なので、そりゃあもう、大冒険ですよ。
元々は、ピレリは公式レース勢が買い占めていて入荷しないってのが変えた理由なんですが、他のメーカーなら変えられなかったかもしれないですね。
基本的にピレリとメッツラーは同じ会社ということ、去年、BMWで走ったレースでメッツラーを使って良い感触だったので、自分のCBRでも思いきってみました。


しかも、コンパウンドも前後ミディアムから前ミディアム、後ソフトに変更。
理由は色々あってのことですが、正直、前後のコンパウンドを変えるなんてやったことがないので、ライフの問題もちょっと心配。
こちらも大冒険。




ということで、自己ベストを出しつつ約30分×4回走ったので、インプレッションをば。

120729_1122~01フロント

120729_1116~01リア

四輪の走行があったのか、だいぶんタイヤカスを拾っていますが・・・
フロントに比べ、ソフトなリアがもっと減るかと思っていましたが、これで2時間なら減り方は悪くないですね。
軽量600ccだからでしょうか。


ポンと乗ったときから特に違和感はなく乗れました。
Fサスの動きがわかりやすい=ブレーキングしやすい気がします。
BMWよりも車重がないぶん、Fタイヤにしっかり荷重をかけてあげないといけない感じだったので、前のタイヤ(ピレリSC2)よりもフロント重視の乗り方に変わりました。
ライダーによっては反対のインプレッションも聞きましたが、私の場合は元々荷重のかけ方がへたくそだったので、本来はどんなタイヤでもこれくらい(いや、もっとか?)しっかりブレーキングしてしっかり荷重をかけなければいけないのかもしれません。
どちらかと言えば、ピレリはオールマイティなタイヤなんですが、メッツラーはちょっと上のレベルの乗り方を教えてくれるタイヤですね。
タイムアップしたのはそのせいかもしれません。



次くらいからタイヤの状態は悪くなるはず。
とりあえずは、今のタイムで満足しているので、無理せず走ります。
【2012/08/01 07:49】 サーキット | トラックバック(0) | コメント(2) |
| ホーム |

たぬ

script*KT*

月別アーカイブ