FC2ブログ
『前田淳!』
初めて出会ったのは古巣の教習所。もう何年前になるかなぁ。
練習が終わったあと、部屋に集められ、紹介された。
前田淳がホワイトボードに書いた汚いマン島の絵で笑いをとり、TTレースの説明を始めた。

「とにかく危ないレースなんです」
例えば鈴鹿サーキットをトップライダーが走っても、平均時速は160キロくらい。でもマン島TTは200キロを超えるそうだ。
しかも市街地を走るので電柱やマンホールも普通にある。

「もし僕が死んだ時は京都にお墓があるので、線香の一本でも供えにきてください。」

当時、サーキット走行をかじっていた私の考え方をガラリと変えた一言だった。
マン島の危険性はハンパではないけどプロのレーサーのレースに対する心構えを垣間見た瞬間だった。
以降、幻の結婚披露パーティに呼んで頂いたり、ツーリングや走行会でお会いしたり、タンデムしてもらったり、楽しい思い出は数知れず…。
そして、前田淳を通じて出会った仲間たちにも、たくさんの刺激をもらい、今の私がある。

もう、あのオヤジギャグは聞けなくなったけど、私の心の中に生き続けることと思う。

※今回のマン島土産は前田淳がメインキャラクターとなった、TTレースのポスターをお願いしていました。
忘れるなよ~。
スポンサーサイト



【2006/06/07 20:36】 その他車・バイク | トラックバック(0) | コメント(4) |
| ホーム |

たぬ

script*KT*

月別アーカイブ